今日は

このブログによく登場する武田っちとの出会いの話をしようと思います。
武田っちは専門学校生の時、研修で動物王国のカラマツ荘へやってきました。
カラマツ荘とは、現在東京ムツゴロウ動物王国内のショーチームの犬たちの住んでいた家となります。
カラマツ荘はムツさんの自宅の隣に位置していました。
と言っても、その距離は車での移動程、離れた隣ですけどね・・・(笑)
そんなカラマツ荘にやってきて2度目の研修の時、私と初対面しました。
最初の印象は・・・「落ち着いた子だなぁ。」と言った感じでしょうか・・・?
とても真面目で、色々なものにCharengeしようという意欲の見える、とても明るい子でした。
すぐに武田っちと私は仲良くなれましたよね?
ね?武田っち?(笑)
それからは、私がお風呂からあがって部屋へ戻ると、なぜか私の部屋に武田っちが居て、
「おかえりなさい。」と彼氏のように待っていたり、バレンタインデーに手作りのものをくれたり・・・
本当に面白い、優しい子だなぁと思いました。
そういえば、話は変わりますが、よく、北海道に居た頃、私たちは自給自足ですか?とか、みんな一緒に寝ているんですか?などといった質問をよくされたものです。
真相は、カラマツ荘はただのごく一般の(少し大きめの)二階建ての一軒屋です。
その一階のフロアに自由に犬と猫とブーケ(以前はサルのナナchanやフクロウのアボジも)が暮らしており、
そして、私たちは各部屋が一つずつあり、ご飯は一緒に食べても、寝たりするのは、もちろん各自の持ち部屋でした。
そしてもちろん、お店も車で走ればすぐあります。
ですから、食材を買ってきて、普通の暮らしとほとんど変わりませんでした。
ただ、自然がたくさんあります。なので季節によって山菜や木の実、近くの海で採れた新鮮な魚介類はごく普通の自然の恵みとして手に入りました。
今思えば、とても素晴らしく、ありがたい恵みだったと実感しています。
と、話がだいぶそれてしまいましたね。
次回は、またこの続きをお話したいと思います。
果たして武田っちは北海道で何が一番印象に残っているんでしょうか?
よかったらお話を聞かせて下さいね。

by.能戸 真由美
by karamatsusou | 2005-02-23 22:11