ありがとう

突然ですが・・・

結婚することになり、引っ越しもする為、
今日、4年半勤めた会社を退職しました。

退職することが決まってから今日まで、
まだまだあるんだろうな~と思っていたけど、あっという間でした。

1週間前から、私の勤めるデイサービスの利用者さんに、
辞める事を伝え、挨拶をしてきました。

みなさん、
「寂しくなるね・・・」
「おめでとう、幸せになってね!」
と、たくさんたくさん、悲しんでくれたり、祝福してくれました。

1番、仲の良かった、ちょっとヤクザ風(笑)の男性の利用者さん。
私の事を「あい」と呼び捨てにするキザな利用者さんでした。(笑)

利「あいの事、もらってくれるやつがいたんだな~。笑」
  「いっぱい我慢するんだぞ。俺みたいに」

私「よく言うね~。笑
  え?誰が我慢してたって??奥さんでしょー!!」

なんて、冗談を言い合える仲でした。

その方は片マヒなので、
家まで送った時は、靴を脱いで玄関に上がる所までお手伝い。
私に背中を向けて家の中へ入っていく利用者さんに、

私「転ばないようにねー」

利「うん。気を付けて帰れよー」

私「うん。ありがとー!またねー」

いつもこのやり取りをして玄関のドアを閉めていました。

その利用者さんと会える最後の日。
家に送って行き、いつものように背中を向けて歩いていく利用者さんと、
いつものやり取りをして玄関を閉めようとした時、
「幸せになれよー」と大きな声で叫んだ利用者さん。
デイにいる間は、「寂しい」とか言葉に出さなかったけど、
「元気でな」「よかったな」って何度も何度も言ってて。
最後の最後に言ってくれた「幸せになれよー」の一言が、すごくすごく嬉しかったです。


また98歳の女性の利用者さん。
いつも字を書くのが苦手と言って、字を書くことを避けていたのに、
最後にお手紙をくれました。
その字からは、きっと一生懸命書いてくれたんだなという思いが伝わってきて、
すごく嬉しかったです。
あと2年で100歳。
100歳のお祝いには、かけつけるからねー!と言ってお別れしました。
手紙、宝物です。


いつも仲良くしてくれた女性の利用者さん。
私がいつも手が冷たいのを気にしてくれていました。
「季節外れだけど・・・靴下を編んだから、冬になったら使ってね。そして私を思い出してね」
と、プレゼントしてくれました。
冬になったら、使おうと思います。


他にも、
「本当によかったね!」
「会えなくなるからガッカリだよ・・・」
「幸せになってね」
「夫婦円満のコツは我慢だよ!」
「夫婦仲良ければ、苦労も苦にならないよ!」
「お金はいっぱい溜めなさい!」
「優しいあんたなら、きっと良いお嫁さんになれるね」

たくさんたくさん、言葉をかけていただきました。

利用者さんに、「ありがとう」という言葉をいつもたくさんいただくのですが、
私が利用者さんから元気をたくさんもらっていたので、
私の方が利用者さんに「ありがとう」と感謝の気持ちでいっぱいです。

人生の大先輩たちに、たくさんいろんなことを教えてもらいました。

これから先、また会うことはなかなか難しいけど、
利用者さんたちからもらったたくさんの思い出を胸に、
新しい場所でも頑張っていこうと思います。

別れはやっぱり寂しいですね。
「あい」「あいちゃん」「ワンコのお姉さん」と呼んでもらって、可愛がっていただきました。
利用者さんと過ごした4年半は、本当にかけがえのない毎日でした。

ということで、
明日から引っ越し準備を頑張りますー。

b0038402_06366.jpg

by karamatsusou | 2016-05-13 00:03